バレーボールは、いろんな見方があって面白いんです

私はスポーツ観戦が大好きで、野球はスタジアムに行き他のスポーツはテレビ観戦します。
今ハマってるのはバレーボールですね。
バレーボールはオリンピック、オリンピック予選、世界大会などがとりだたされてますが、Vリーグや春高バレーも面白いんです。
まずVリーグは日本代表の選手が、自分のチームにもどるのでバラバラになります。
スパイカー、セッター、センター、リベロと全日本で一緒のメンバーがバラバラになることで、それぞれのポジションの選手が敵として戦うと本当に面白くなります。
スパイカーが打つボールをリベロがひろったり、セッターがあげるトスをセンターが読んでブロックするなど、全日本の選手同士が戦うのが熱くなりますね。
そんなVリーグ以上に面白いのが春高バレーで、見所はなんといってもがむしゃらにプレーする姿や、涙がでるような場面に出会えるとこにあります。
その他に私としては、将来の日本代表にな選手を見つけるのがすきなんです。
春高バレーから日本代表になった選手は本当に多く、そういった選手はエースになったり等日本代表の中心になるので、そういう選手を探す面白さもありますね。

バレーボールの競技内容やルールの変換について

バレーボールはインドア球技の一種で、既定の人数でコート内のネットを挟んで二つのチームが得点の獲得を競うスポーツです。バレーボールは19世紀末のアメリカでテニスの競技内容をヒントにして生まれたスポーツで、日本には20世紀初頭に伝わっています。その後、東京オリンピックで正式競技として採用されてからは世界中に広く普及し、競技人口も増加しています。バレーボールは使用するコートや用具、得点の取得方法などが厳格に定められています。そのため、学校では協調性を育む目的で体育の授業に採用されています。正式な試合を行う場合、コートの広さやボールなどの用具は国際的な基準に従う必要があります。競技を行う選手が着用するユニフォームは一つのチームで統一しますが、ポジションの一つであるリベロのユニフォームは他の選手の対称色にする必要がある点が他のスポーツと異なる特徴です。女子チームのユニフォームはかつてはブルマーを穿いていましたが、ブルマーは汗を吸うことでお尻に食い込んでしまい競技に支障をきたすことがあるため、現在では男子と同様に短パンに統一されています。日本では国際的に普及している6人制以外に9人制の競技も行われていますが、ルールに違いがあるので実際に競技を行う際には注意が必要です。また、ルールは年によって変更されることがあるので、事前に詳細を確認しておく必要があります。予め最新の情報を把握しておくことが競技を楽しむための心得になります。

pickup

募集図面や物件画像も豊富。オーナー様もキャンペーン中で無料掲載。

東京 貸事務所

個人の方も業者の方も手数料0円の七福神にお任せ!

プラチナ買取 札幌

総合ダーツショップ。実店舗ではダーツはすべて試し投げ(試投)可能。

ダーツ専門店

伝統、味、すべてにこだわった佃煮・そば、ギフト商品を通販でお買い求めいただけます

佃煮 昆布

あらゆることを想定した調査をいたします。

浮気調査 大阪

最終更新日:2016/6/9